2017.11.09更新

暗染めアッシュ

髪を暗くする際に僕が1番気がけているのは抜け方です。

持ちとも言えます。

持ちが良い方が断然いいのでは?と思う方も多いと思いますが、実はそうでもないんです!

持ちが良いということは髪の中に色素が残りやすいということ、

つまり、その後のカラーが思う色になりにくいということにもなるのです。

黒くしていた髪を明るくするという行為は、髪に相当な負荷をかけてしまうので、おすすめはしません。

ではトーンダウンしなければならないときはどうすれば?

そんなときには暗染め!

黒ではない色でのトーンダウンなら、持ちもいいですし、

染めた後数ヶ月後に色が残りすぎるという心配もありません!

どうしても暗くしないといけない!

そんな方!

髪質に合わせた配合で黒すぎず、暗い色に仕上げさせて頂きます。

SHUN

2017.11.05更新

黒髪おしゃれショート

ロングからショートにバッサリと切らせて頂いたお客様。

カラーをしようか迷っていたのですが、今回はカットだけに。

地毛でショートスタイルを作る際、ぱつっと前髪を作ると幼い印象になりがちですが、

長めの前髪を組み合わせてあげると、大人っぽい印象になります。

今回はほどよく流せるくらいの長め前髪に。


ヘアスタイルを提案する際に大事にしているのは、

新鮮さを感じてもらえるようにすること。

どこの要素をどうするか、

お客様によって変えたい幅は人それぞれ。

髪型もよし、カラーもよし、

お客様の変えたい分量を汲み取り、提案できることを精一杯提案させて頂きます。

なにか変えたい!そんな方、是非お待ちしています。

SHUN

 

2017.11.01更新

こんにちは、SHUNです。

今回はいつも、ハイライトを入れているお客様に協力して頂き、

インナーカラーのプロセスを撮影させて頂きました!

 

インナーブリーチ

まずは表面を分けとり、インナーにブリーチを塗布!

このときにはラインにならないようにバレイヤージュで馴染ませます。

ブリーチカラー

ブリーチアフターがこちら!

表面はそのままブリーチせずなので、いいかんじに馴染んでいます。

インナーカラーハイライト

表面を分けとるとこんなかんじ!

ハイライトを入れてた部分、入れてない部分が白さの違いでわかりますね。

そのベースに対してオンカラー!

今回はベージュとグリーンっぽいベージュとグリーンを混ぜて、

あえてラフに!!

ムラカラー

ブリーチのベースに合わせて載せるカラー剤を変えているので、発色のいいカラーに仕上がっています。

 

インナーカラーやハイライトはベースの作り込みがとても大事!

ご興味のある方、是非お任せください!

 

PageTop