2017.10.13更新

レイヤーボブ

ボブレングスが似合わないというお客様は多いですが、

似合う形というものは必ずあります!!

ボブというと切りっぱなしだったり、重めの形を連想する方と多いと思いますが、

写真のように、後頭部に少し丸みをつけたすっきり感のあるボブは、

いわゆる、重めのボブが似合わないとお悩みの方に是非チャレンジしていただきたい形です!!

ボブにしてもいつも同じになってしまう…。

そう感じている方にもオススメ。

カラーはオリーブアッシュカラー!

透明感があり、髪の毛が柔らかく見える効果があります。


いつものスタイルに飽きた、すっきりさせたいなど、

何か変えたいと思っている方、是非お任せください。

SHUN

2017.10.10更新

こんにちは、SHUNです!

今回は初めてカラーをするお客様のカラーをご紹介!

その前に、、

お客様に、初めて入れたカラーをどうでしたか?

という内容を聞くと、

意外と思った通りの色が出なかった。

そんな声が圧倒的に多い気がします!

それもそのはず。

ブリーチをせずに、なにもしていない髪の毛を染めると、色味を出すのが難しく、単なる茶色に見えてしまうことが多いのです!

かといって、全体のブリーチを、最初のカラーでするのは、痛みも、色抜けも気になるでしょうし、あまりお勧めはしていません。

 

今回のお客様も、色抜け、痛みは気になるけど、ある程度発色は欲しい!そんなお悩みを抱えていたので、

 

耳上部分のみをブリーチして淡めのベージュのカラーを提案させていただきました!

仕上がりがこちら↓

 

ベージュインナーカラー

なぜあえて淡めのベージュ系カラーを提案したのか?

 

理由は1つ、色持ちを良く感じてもらいたいからです。

ブリーチカラーの色持ちを良くする一般的な方法は、

濃い色を入れるという方法が一般的。

この方法も場合によってはとてもオススメなんですが、デメリットともあります。

染めたての暗い色から、1ヶ月もするとかなり明るく見えるので、その落差で色が抜けた感覚が強くなることと、

 

濃い色は髪の毛に色素が残留するケースが多く、抜けてきたときにその濃い色の色素が残り、濁った嫌な色に感じる。

という、2つの要素があると僕は思います。

 

ベージュというのは薄いブラウンなので、髪の毛に残りやすいということ、

そして、抜けたとしても、少し明るくなったかな?程度の色抜けなので、

結果、色持ちが良く感じるんです!

 

ただ、こちら側がいいと思うカラーが、お客様の求めているものではありません。

しっかりとゴールの共有をさせていただいてからの施術というのは徹底しています。

カラーでお悩みの方、是非ご相談ください!!

SHUN

PageTop