2015.02.11更新

こんにちは!SHUNです。

 

自分の髪の毛は好きですか?

 

そう質問されたら「好きじゃない。」そう答える人は多いことでしょう。

 

特にくせのある方。恐らく、その過半数以上の方が、何らかの不満を感じているでしょう。

 

実際に僕たちは、たくさんの方の髪を触ります。そして、その人達の悩みを聞いていると、ほとんどの方が自分の髪にクセを感じているんだなと実感します。(特に初めてお店にいらっしゃる方)

 

ただそのほとんどがストレートパーマをやる必要のない程度のクセであることが多いです!

 

もちろんストレートパーマをかけたくなる気持ちもとてもよく分かります。髪の毛が真っ直ぐキレイになった時の感動はすごいですもんね!

 

でもストレートパーマを安易にかけてしまうとずっとストレートパーマをかけ続けなければならないことも事実!

 

ストレートパーマは自然にとれることは絶対にありませんし、地毛に戻すこともできません!!

 

根元が伸びて来たことを考えると・・・想像するだけでも根元にまたかけたくなっちゃいますよね。

 

 

 

あ

 

彼女は先日来て下さったお客様です。彼女はパーマをかけていません。もちろんアイロンも!

 

地毛のくせにあわせてカットして、ムースをつけただけ。ストレートヘアーの方が憧れるようなカーリーヘアーですよね!

 

家でも簡単にスタイリング出来ると思います。

 

ストレートパーマを否定的な言い方をしてしまいましたが、もちろんストレートパーマが悪いわけではありません、

 

効果的に美容師が使えているか、そちらの方が問題なのかなと。

 

僕はネガティブに捉えられがちな、くせがとても好きですし、

 

どうにかその素材を活かして可愛く仕上げたい!と、毎回思っています。

 

もし自分のクセをどうしようか迷っている方がいたら、消そう隠そうではなく

 

一度ポジティブに「使おう」と考えてみることもありかなと僕は思います!

 

2015.02.05更新

メンズカット

 

こんにちは、SHUNです!

 

昨日は朝営業前にメンズカットという業界紙の撮影!

 

今回のモデルは「smart」などにもガッツリでているmodelさんだったので、安定感に助けられた感じです^^笑

 

企画は、短めえりあし×ウェットな質感×立ち上げ前髪というものをあわせて作るという企画。

 

細かい設定が決まっている中で、誌面を通じてどう「他と違う!」を残せるか…なかなか難しい。

 

 

その人のものさしを飛び出しすぎないような若干の冒険を提供する

 

ということを意識して僕はサロンワークに臨んでいます。とても普通のことなんですがとても大事だと思うんですよ!

 

お客様はイメージ通りになっただけでは満足していないし、もっと+αを求めている。

 

小さい頃感じていた、自分の知らないところに行く前日のワクワク感。そしてその景色を見た時に高揚する気持ち。

 

大人になるにつれてそういう経験って少なくなっていきますよね??

 

そういう経験を大人である「今」してもらえたら!そう思いながら毎日を取り組んでいる次第です。

 

ただ、自分の鮮度の高いと感じているものが相手とズレていなのか?押し付けになっていたりしないか?

 

そういう自問自答していくことをしなければ、ただの自己満足になってしまうのも事実…。

 

 

今回の雑誌は美容師さん向けの雑誌なのですが、実際にこの髪型を提案される側はお客様。

 

その人が「これにしたら楽そう!かっこいいし」と思ってもらえるものをイメージして作りました

 

 

メンズカット


 

全体のすっきり感を出すために、耳上、えりあしは短めにすっきりとカット。トップと前髪は長さを残しているのですが、

 

前髪は正面からみたときにややV字に仕上げています。

 

V字にすることで上げたときに耳周りの溜まりが出にくくなるので、メンズで頻繁に上げる方はとてもオススメですよ!!

 

今回のスタイルの一番のポイントなんですが、上げているので分かりにくいですよね…><

 

スタイリングはぴたっとトラッドな印象に上げてあげるのもかっこ良いのですが、

 

モデルさんのいい具合の抜け感を活かして、ウェットの質感をあえてラフに!!


 

やっぱり美容師を含め全てのことでそうだと思うのですが、相手をどう感じるかが何事においても大事ですよね!

 

SHUN

 

 

 

 

 

 

PageTop