2017.12.11更新

簡単スタイリングヘア
朝のセット、巻いたり、アレンジしたり、時間がかかって嫌だなと思っている方も多いのではないでしょうか??

そんな方には、ゆるくウェーブ状にかけるくせ毛パーマがおすすめです!

スタイリングは乾いた髪(寝起きの状態でOK)に、

ムースを馴染ませて、自然乾燥させるだけ。

そうするとパーマのウェーブが自然と出てくるので、

それだけで手の込んだスタイリングをしているように見えます!

結ぶだけでも見え方はとてもおしゃれに見えますよ(^^)

長さは変えたくないけど気分を変えたい方にもおすすめなので、是非お試しください✨

2017.12.10更新

綺麗なロングヘア
綺麗な質感のロングスタイル、キープするのってなかなか難しいですよね。

ロングヘアで1番NGなのは、毛先の量感がとられすぎてしまうこと。

代わり映えのない量感のメンテナンスでも、余計に削ぎが入ってしまったりすると、今まで綺麗に伸ばして来た質感が一気に台無しになってしまいます。

加えて、色々な削ぎ方が、髪に入ってしまうのもできれば避けたいところです。

Cocoonのカットは髪の毛の自然に落ちる位置にといて、髪の重なりをみて、なるべく削ぎを少なくカットしていくのが特徴です。

削がれすぎてしまっている髪の毛は、一度厚みを出してあげて、そこから不要な部分(厚みが出やすい位置)を的確に量感調節するのがオススメです!

トリートメントなども大事ですが、髪の質感を良くするのに一番大事なのはカットです。

伸ばしていきたいけどメンテナンスしたい!そう考えている方、是非お待ちしています!

SHUN

2017.11.09更新

暗染めアッシュ

髪を暗くする際に僕が1番気がけているのは抜け方です。

持ちとも言えます。

持ちが良い方が断然いいのでは?と思う方も多いと思いますが、実はそうでもないんです!

持ちが良いということは髪の中に色素が残りやすいということ、

つまり、その後のカラーが思う色になりにくいということにもなるのです。

黒くしていた髪を明るくするという行為は、髪に相当な負荷をかけてしまうので、おすすめはしません。

ではトーンダウンしなければならないときはどうすれば?

そんなときには暗染め!

黒ではない色でのトーンダウンなら、持ちもいいですし、

染めた後数ヶ月後に色が残りすぎるという心配もありません!

どうしても暗くしないといけない!

そんな方!

髪質に合わせた配合で黒すぎず、暗い色に仕上げさせて頂きます。

SHUN

2017.11.05更新

黒髪おしゃれショート

ロングからショートにバッサリと切らせて頂いたお客様。

カラーをしようか迷っていたのですが、今回はカットだけに。

地毛でショートスタイルを作る際、ぱつっと前髪を作ると幼い印象になりがちですが、

長めの前髪を組み合わせてあげると、大人っぽい印象になります。

今回はほどよく流せるくらいの長め前髪に。


ヘアスタイルを提案する際に大事にしているのは、

新鮮さを感じてもらえるようにすること。

どこの要素をどうするか、

お客様によって変えたい幅は人それぞれ。

髪型もよし、カラーもよし、

お客様の変えたい分量を汲み取り、提案できることを精一杯提案させて頂きます。

なにか変えたい!そんな方、是非お待ちしています。

SHUN

 

2017.11.01更新

こんにちは、SHUNです。

今回はいつも、ハイライトを入れているお客様に協力して頂き、

インナーカラーのプロセスを撮影させて頂きました!

 

インナーブリーチ

まずは表面を分けとり、インナーにブリーチを塗布!

このときにはラインにならないようにバレイヤージュで馴染ませます。

ブリーチカラー

ブリーチアフターがこちら!

表面はそのままブリーチせずなので、いいかんじに馴染んでいます。

インナーカラーハイライト

表面を分けとるとこんなかんじ!

ハイライトを入れてた部分、入れてない部分が白さの違いでわかりますね。

そのベースに対してオンカラー!

今回はベージュとグリーンっぽいベージュとグリーンを混ぜて、

あえてラフに!!

ムラカラー

ブリーチのベースに合わせて載せるカラー剤を変えているので、発色のいいカラーに仕上がっています。

 

インナーカラーやハイライトはベースの作り込みがとても大事!

ご興味のある方、是非お任せください!

 

2017.10.13更新

レイヤーボブ

ボブレングスが似合わないというお客様は多いですが、

似合う形というものは必ずあります!!

ボブというと切りっぱなしだったり、重めの形を連想する方と多いと思いますが、

写真のように、後頭部に少し丸みをつけたすっきり感のあるボブは、

いわゆる、重めのボブが似合わないとお悩みの方に是非チャレンジしていただきたい形です!!

ボブにしてもいつも同じになってしまう…。

そう感じている方にもオススメ。

カラーはオリーブアッシュカラー!

透明感があり、髪の毛が柔らかく見える効果があります。


いつものスタイルに飽きた、すっきりさせたいなど、

何か変えたいと思っている方、是非お任せください。

SHUN

2017.10.10更新

こんにちは、SHUNです!

今回は初めてカラーをするお客様のカラーをご紹介!

その前に、、

お客様に、初めて入れたカラーをどうでしたか?

という内容を聞くと、

意外と思った通りの色が出なかった。

そんな声が圧倒的に多い気がします!

それもそのはず。

ブリーチをせずに、なにもしていない髪の毛を染めると、色味を出すのが難しく、単なる茶色に見えてしまうことが多いのです!

かといって、全体のブリーチを、最初のカラーでするのは、痛みも、色抜けも気になるでしょうし、あまりお勧めはしていません。

 

今回のお客様も、色抜け、痛みは気になるけど、ある程度発色は欲しい!そんなお悩みを抱えていたので、

 

耳上部分のみをブリーチして淡めのベージュのカラーを提案させていただきました!

仕上がりがこちら↓

 

ベージュインナーカラー

なぜあえて淡めのベージュ系カラーを提案したのか?

 

理由は1つ、色持ちを良く感じてもらいたいからです。

ブリーチカラーの色持ちを良くする一般的な方法は、

濃い色を入れるという方法が一般的。

この方法も場合によってはとてもオススメなんですが、デメリットともあります。

染めたての暗い色から、1ヶ月もするとかなり明るく見えるので、その落差で色が抜けた感覚が強くなることと、

 

濃い色は髪の毛に色素が残留するケースが多く、抜けてきたときにその濃い色の色素が残り、濁った嫌な色に感じる。

という、2つの要素があると僕は思います。

 

ベージュというのは薄いブラウンなので、髪の毛に残りやすいということ、

そして、抜けたとしても、少し明るくなったかな?程度の色抜けなので、

結果、色持ちが良く感じるんです!

 

ただ、こちら側がいいと思うカラーが、お客様の求めているものではありません。

しっかりとゴールの共有をさせていただいてからの施術というのは徹底しています。

カラーでお悩みの方、是非ご相談ください!!

SHUN

2017.09.22更新

こんにちは、SHUNです。

明るい色にしたいけど色落ちが不安…。そんな不安を抱えている方、多いのではないでしょうか??

まず前提として、

髪の毛は傷みにより、色の抜け方が変わります。

傷んでいれば傷んでいるほど、髪色は落ちてきますし、

カラーの際にあまり傷ませなければ、持ちのいいカラーになっていきます。

 

ブリーチでがっつりと色を抜いてしまうと、

その上から入れた色は、ブリーチで抜いた色に戻っていくので、

1ヶ月もするとだいぶ明るくなってしまいます。

いい色は出るんですが、もちろん傷みも出てきますし、色持ちがいいとは言えません。

色持ちがいいけど、ある程度透け感のある色にしたい!

そうお考えの方は、ブリーチよりも、傷みが弱い、ライトブリーチがオススメです!

こちらがブリーチafter

ライトブリーチ

黒染めが入っているベースでしたがほどよく明るくなっています!

黄色く抜けすぎていないですし、質感もかなりいいかんじ!

その上からオンカラー。

今回はナチュラルかつ透明感のあるベージュにするため、

ブラウン、グレージュ、ラベンダーを入れ込みます!

グレージュブラウン

光に当たると透明感はありつつ、まろやかな質感に。

このくらい入れ込んでおくと、徐々に色落ちしたとしてもいい具合の色になります(^^)

ブリーチしたいけどどうしようかと悩んでいる方!

ライトブリーチで気分転換してみては??

SHUN

 

2017.09.13更新

こんにちは!SHUNです!

ありがたいことに最近、ブリーチカラーでご来店下さる方が多いのですが、

今回は、『カラー剤でどうしても入らない!』

という方にお会いしたので、ご紹介!

 

ブリーチを過度に繰り返していて、色が全然乗らない!という状態がまれにあったりしますよね?

美容師の皆様なら経験されたこと、あるのではないでしょうか!?

 

かなり焦る経験だとは思いますが、僕も手に汗握るというか、握りっぱなしの経験をしたので、

読んでいただけている皆様の少しでもお役にたてれば!と。

まず今回のお客様の前回のafterから。

ポーラス毛へのカラー

いつも金髪(白に近い状態)にしていたのですが、深めのブラウンにしたい!

ということで、ベージュにしたのが2017年の7月31日。

根元から中間の暗い部分は地毛。

 

そこから色が抜けていってたベースが今回(2017年の9月の7日)

 

茶味が思いのほか残っているベースだったことと、

全体を赤のようなオレンジの濃い色(ブラッドオレンジのような色)にしたいご要望を受け、根元のブリーチリタッチと、毛先の脱染を決行。

根元から塗って時間を置き、毛先は塗り終わって3分で流し。

根元はワンブリーチ、毛先はツーブリーチ以上のベースが完成し、

根元に7レベルのレッドオレンジ系の色、毛先は6レベルのレッドオレンジ系の色を塗布!!その後20分。

カラー剤で色が入らない髪

...。

シャンプーしてドライしたら抜けた...?

 

一見綺麗なグラデーションカラーに見えますが、こちらは根元(ブリーチ1回)と中巻から毛先(ブリーチ2回以上)では色が違って見えますよね。

今回のご要望はブラッドオレンジの色味が希望なので、ピンクグレープフルーツのような毛先の色ではNG!!

赤み、オレンジ味、どちらも足りないので、

上からロコルのルージュをオン!!

(中間から毛先)

…。

今回のお客様の最大のNGはピンクになることだったのですが…、

…。

なぜかがっつりとピンクに…。 

(さすがに写真は撮れなかったですが、相当ビビッドなピンクになってしまいました)

 

 ロコルを試したことのある美容師さんだとお分かりだと思いますが、

この薬、ブリーチでもまったくとれません。

色持ちはかなり良くて、狙った色が出たときの持ちは抜群にいいのですが、狙っていない色が出ると大変。

今回は色々と試行錯誤し、マニュキュア(オレンジ)と、ロコルの(イエロー)を目立たないところに塗布してテスト!

 

ロコルは綺麗にオレンジになったのですが、赤みが足りず…。

マニキュアは…?

…!?

かなり理想的な色になっているのでは!?

まさに奇跡!!

afterがこちら↓

 

ブラッドオレンジカラー 

しっかりと色が入ってくれました!

ロコルはマニキュアでとれるので、色味のあるオレンジのマニキュアを塗って、余計な紫を除去できないな?と思った苦肉の作が大当たり!!

かなり長いプロセスになってしまいましたが、なんとか入れ込むことができました。手に汗握りっぱなしのカラーでした!!

 

カラーが出にくく、困っている方、色味をはっきり出したい方、

是非お待ちしています!

カラーは経験値が全て!!髪に関してお悩みの方、なんなりとご相談ください。

SHUN

2017.09.10更新

こんにちは、SHUNです!

今回もブリーチカラーのBefore&afterをご紹介!

まず前回染めたカラー。

Before

ベージュのグラデーションに染めあげました!!(2017年6月のはじめ)

それ以来のカラーだったので、根元は3センチほど伸びていて、毛先は思った以上にベージュが残っているというのが、ご来店した際のBefore状態。

今回はピンクのようなグレーのような紫がかった色にしたいということたったので、根元をブリーチ&毛先を脱染!!

毛先はできるだけ傷めたくなかったので弱めの脱線剤を使いました!

こちらがブリーチafter↓

ブリーチアフター

(根元塗布後7分自然放置→中間から徐々に脱染)

このベースに薬剤をon!!

ワンブリーチ部分はピンクと紫の8トーンの薬を。

その後根本の発色が弱かったので6トーンのピンクを再塗布!

毛先はピンク&紫&グレーの8トーンの薬をon!!

仕上がりがこちら!

ピンクラベンダーカラー

なかなかいいかんじの仕上がり(^^)

外だと…

ラベンダーピンク

自然光の下でもいいかんじ!! 

紫の色味はiPhoneで撮った写真だと色が飛びやすやすいですね…、勉強になります笑

こういう色にしたい!

派手な色でも、そうでない色でも、なんなりとご相談ください!!

SHUN 

前へ
PageTop