2017.10.12更新

耳までスッキリ切ったベリーショートに

ピンパーマをかけてくせ毛風に◎

ショートパーマアレンジ

前髪のパーマもしっかりかけておくと

無造作な動きが出せて、乾かしてワックスを

つけるだけでスタイリングを頑張りすぎなくても大丈夫です^^

ショートにしたい方お待ちしております☆

ACO☆☆☆

2017.10.10更新

こんにちは!

ACOです^ ^

最近はスタイルやブログを見て、新規のお客様が多く、とても嬉しい限りです!

皆様様々なスタイルをご希望されますが

カウンセリングで要望をお聞きすると「似合うかどうか不安」という声をよく聞きます。

「短くすると顔が大きく見えてしまうのではないか」

「丸顔や面長が目立ってしまうのではないか」

ヘアスタイルを変える時に、こういう不安を抱く方は多いのではないかと思います。

顔を小さく・輪郭を綺麗に見せるポイントは、「髪型のシルエットと肌の見えるフレームのバランス」です。

☆ボブ・ショートで顔を小さく見せるカット☆

小顔バランス

丸顔が気になる場合は前髪と顔周りの髪で輪郭のフレームを小さく見せ

サイドの髪にボリュームを出す事で髪型のシルエットを大きくします。

そうすると頭全体に対しての顔の比率が小さくなり

全体像を見ると顔が小さく見える効果があります。

面長が気になる場合は前髪を下ろして額の面積をコントロールします。

面長バランス

直毛でサイドにボリュームが出づらい方は、パーマをかけるかアイロンで巻くのがオススメです☆

どんな髪型にしたら良いか分からない方には似合うデザインをご提案いたしますので

雰囲気を変えたい方や伸ばし中の方もぜひ気軽にご相談ください^ - ^

ACO☆☆☆

2017.10.08更新

ボブから伸ばしかけの髪型についてよくご相談を受けます。

「毛先がはねる」「前髪はどうすれば良いか」「後ろ・襟足はカットした方が良いか」

といったいろんな悩みが出てきますよね。

伸ばす前のスタイルによって、おすすめの髪型は変わってきます。

今回は重ためボブから伸ばしていかれる方に向けたスタイルをご紹介いたします。

「伸ばしかけの方にオススメのボブ」

伸ばしかけのミディアム

「カットで毛先を整え自然なワンカールのヘアに」

ボブは前下がりのラインでカットする事も多いため、

伸びてくるとサイドの髪が前方向にはねてきます。

これは髪は短い方から長い方に流れるという物理的な性質があるためです。

伸ばしかけボブは、サイドの長い部分を少しカットするだけで毛先がまとまりやすくなります。

襟足が長めに残っている場合は、後ろの髪はサイドになじませるようにカットします。


「毛先のパーマでランダムに」

肩につく長さになると、毛先がはねるようになります。

その場合は、毛先にワンカールのパーマをかけるとまとまりやすくなります。

カールをつける事によって、肩に当たる位置から髪が少しずれるからです。

ただし、首の長さと髪質によっては跳ねてしまう場合もあるので

イヤにはねて感じないようにパーマがオススメです!

長さの設定とパーマの強さのバランスがとても重要になってきます。


伸ばしかけにゆるめのパーマはオススメですよ◎

ACO☆☆☆

2017.10.06更新


スタイリストのACOです^^

髪の量が多い・髪が硬い方は、ボブにすると全体的に重たい印象になってしまう場合があります。

みなさんそんな経験はないですか?
私はまさしくその経験があります。髪質が硬く、量も多く、そしてハチ張りさんです。。。泣


そんなお悩みを解決できる髪型が「ひし形ボブ」です。

ひし形ボブ

「ひし形ボブとは」

ボブにはいろいろな形がありますが、一番重たいボブは「ワンレンボブ」

最近のトレンドでもある「切りっぱなしボブ」もワンレンボブの中に入ります。

「髪が重たく見えやすい方にオススメのボブ」

丸顔でお悩みのお客様はとても多くいらっしゃいます。

短く切るときは、「自分の輪郭に似合うかどうか」という事が不安ですよね。

前髪の長さと幅で内輪と外輪の関係性を創ります!

そうする事で、顔の横幅を狭くして輪郭のバランスを綺麗に見せることができます。

面長でお悩みの方の場合は、前髪は下ろして流れるようにするのがオススメです☆

似合う髪型でお悩みの方はぜひご相談ください!

一緒に話してステキなヘアをご提案させて下さいね!

ACO☆☆☆

PageTop